週間DK・3/31/16

木曜日だった!(汗

元記事


 

みんな、こんにちは。よい一週間を過ごせたなら幸いです。建設的な議論に参加したみんなにお礼を言いたいと思います。みんなの意見を聞けたので、チームカラーやマップなど、いくつかの課題の話をすべく、このアップデートを出したいと思います。じゃ、早速行きましょう。

 

チームの色を指定
これはコミュニティからの要望で内部でやり方を模索している事です。最初に考えていた解決策は色々と機能を持ったユーザーインターフェースを作り、各プレイヤーに自分の好みの色を設定させる事により、出来る限りその色を使えるようにする事でした。しかし、すぐに気付いたのですが、チーム戦においては全ての好みの設定を保証する事はとても難しく、お好み通りに行かなかった場合はとてもランダムな色彩に感じてしまう事でした。

逆に現在考えている解決策は事前に色を指定する設定のカスタマイズです。現在のデフォルト色は、プレイヤー=緑、プレイヤーの味方=黄、敵=赤、となっています。この3種類の色をカスタマイズする事により、プレイヤーは他の複雑な設定なしに単純で簡単な解決策が出来るわけです。

よって、ここで主な議論するお題は:上記の提案がこれについての最善な解決策なのだろうか?もしそうなら、僕らはすぐにとりかかる事が出来る。違うなら、今後実装にむけて僕らが作業できるように、最善の解決策が何なのか議論を開始しよう。

 

ザーグの攻撃用十字線
昨日ザーグの攻撃用十字線が正しく表示されていないとのaeJupiterの投稿を見た。この投稿はプレゼンの仕方もとても良く、十字線の表示は本当にバグだったのでとても助かりました!十字線は今後のパッチで修正するので、この指摘をしてくれてどうもありがとうございました。

 

マップの多様性
「みんなが普通のマップしか好きじゃないから普通のマップしか採用しないで欲しい」との投稿には気づいています。これらの結論を読んだ後、僕らは議論する点が2つあります。1つ目は、人気上位のマップのうち、投票結果が1位・3位・4位のマップは僕らにとって普通とは言いがたいマップなので、「みんなが普通のマップしか好きじゃない」と言う一部の方々が達した結論は間違っているように思います。2つ目は、ラダーや大会で最低4マップが似通ったりする事が何故良い事なのか、この理解が僕らには出来ません。公式や自動作成トーナメントの両方においての拒否(キック)システムにより、数マップしか変わり種を入れなかったら、場合によってはBo7の決勝以外の全てのゲームで拒否される事になるかもしれません。

前にもそのような状態に陥った事はありますし、全ての大会の試合が全てのマップにおいて同じ展開、同じ戦略、同じタイミングだった場合どんなにゲームが古臭く感じるようになるかは明確に見てきています。僕らは開催される全ての大会が多様なマッププールを持つべきだと言ってるわけではありませんし、ところどころにより普通のマップのみを使う大会がある事は面白い違いをもたらすかもしれません。

僕らもプロリーグ・シーズン2において古いマップがどんな結果を出すかワクワクしていますし、これはKeSPAとずっと話し合って来た事なのです。HotS時代のマップはHotSでは「標準」であったかもしれませんが、LotVでゲームがガラリと変わった事により、完全に違うタイプの試合展開を作り上げる大きな可能性を秘めているのです。LotVでどのような試合が出来上がるかとても楽しみにしています。古いマップの原型がとても興奮するような試合展開をもたらすと証明されるならば、それに似たようなマップもラダーに入れる事が出来ます。

この一点にをとても明確に言いたいと思います。僕らのスタンスは「標準的マップは悪者で、全てのマップが新しく違う物であるべき」と言うわけではありません。ラダーに現存する7つのマップが全部違うタイプであるならば、以前使われたマップ原型も喜んで使いたいとすら思っています。新しいマップのタイプを模索し続ける主な理由としては、今まで遭遇したことのないような面白い可能性を秘めているマップを探しだす事なのです。例えばDusk Towersは現在もっとも好まれているマップの1つだと思いますが、この「完全に標準ではないマクロマップ」と言うタイプのマップは新マップを作る時に同じ1つの理論を使い続けていたら作成は不可能だったのです。

それを踏まえて、僕らが現在必要以上に新しいマップタイプを推し進めているのかもしれない、との意見は明確に聞こえています。よって、こちらも2方向からの議論を展開したいと思っています。1つ目は新マップにおいて、マップ毎のケース・バイ・ケースでどのようなバランス変更が必要か見極める事。2つ目はKorhal Carnage Knockoutに関してで、このマップで使われる戦略があまりにも一方的に感じる事で、実際にそれが本当だとするなら、早急にプールから外したいと思っています。ここでの主な目的は現在マッププールに入っている6つのマップを見た後にその6つすべてからとても違ったプレイの仕方をするマップを選択する事です。美術的にも完成していて、QAテストも終了しているマップを使いたいので、ここでの選択肢としては、プロリーグで使われる事になったHotSのマップのどれか1つを入れる事も入っています。

全ての事から一歩下がって見てみると — ここ1年ほど、このゲームのデザイン工程に最も献身的で、頭がよく、熱意の篭ったコミュニティの方々を組み込めた事は、とても僕らにとって重要な事だと信じていますし、今後もそれを続けて行きたいと思っています。とある結論に落胆し、「全てのマップがクソだ、このゲームはもう終わりだ」と議論する必要はないのです。StarCraft IIのコミュニティが「マップの排除」のような重大な変更を議論している最中でも、StarCraft IIのデザインチームは聞く耳を持っている事を覚えておいてください。みんな1つのチームとして一緒に働き、建設的な考えをし、ゲームにとって最善の判断をし続けられるようにしていきましょう。

 

みんな、ありがとう!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中